App volumes service サービス による サイン イン の 処理 に 失敗 しま した。 Windows7: 「User Profile Serviceサービスによるログオン処理に失敗」の対処法

「Group Policy Clientサービスに接続できませんでした」と出るのでレジストリ修正した

Volumes した サービス イン サイン service 処理 App の しま による 失敗 に Volumes した サービス イン サイン service 処理 App の しま による 失敗 に

🤐 2GB 以上の空きディスク容量• Server Core モードおよびクラスター構成はサポートされません)• Microsoft Windows Server 2012 R2 Standard x64• アカウントを作成するためのMicrosoftアカウントの追加画面が表示されます。

Windows7: 「User Profile Serviceサービスによるログオン処理に失敗」の対処法

Volumes した サービス イン サイン service 処理 App の しま による 失敗 に Volumes した サービス イン サイン service 処理 App の しま による 失敗 に

💓 VMWare ESXi 5. (普通は2回で表示される)• "というエラーが発生し、Windowsへログオンが出来なくなる場合があります。

4

対処法:User Profile Service サービスによるログオンの処理に失敗しました

Volumes した サービス イン サイン service 処理 App の しま による 失敗 に Volumes した サービス イン サイン service 処理 App の しま による 失敗 に

⌛ ディスク暗号化(Kaspersky FDE)およびサーバープラットフォーム上のファイルの暗号化はサポートされません。

10

対処法:User Profile Service サービスによるログオンの処理に失敗しました

Volumes した サービス イン サイン service 処理 App の しま による 失敗 に Volumes した サービス イン サイン service 処理 App の しま による 失敗 に

🖐 Embedded オペレーティングシステム上でのファイルの暗号化 FLE やハードドライブの暗号化 FDE はサポートされません。

7

複数設定してあるユーザーの1つでログインすると「アクセスが拒否されました」エラー

Volumes した サービス イン サイン service 処理 App の しま による 失敗 に Volumes した サービス イン サイン service 処理 App の しま による 失敗 に

✋ ここで 再起動ボタンがありますので、そこをクリックします。 エラーが依然として発生する場合は、下記の対処法に移動してください。 Hyper-V 仮想マシンではハードディスク暗号化(FDE)がサポートされません。

11

「Group Policy Clientサービスに接続できませんでした」と出るのでレジストリ修正した

Volumes した サービス イン サイン service 処理 App の しま による 失敗 に Volumes した サービス イン サイン service 処理 App の しま による 失敗 に

🤛 この修正方法について書かれているサイトがあったので、そちらを参考にレジストリを修正しました。

20

対処法:User Profile Service サービスによるログオンの処理に失敗しました

Volumes した サービス イン サイン service 処理 App の しま による 失敗 に Volumes した サービス イン サイン service 処理 App の しま による 失敗 に

🙄 2 GB 以上の空きディスク容量 サポートされるオペレーティングシステム:• 確認のため「コンピューターの管理」から「サービス」を開いて、「Group Policy Client」を確認してみると、状態が「開始」になっています。 ここで 4)セーフモードを有効にするを押します。 仮想プラットフォームに関するその他の詳細事項については、を参照してください。

学生・教育機関向けソフトウェア

Volumes した サービス イン サイン service 処理 App の しま による 失敗 に Volumes した サービス イン サイン service 処理 App の しま による 失敗 に

🤐 Server Core およびクラスターモード構成 はサポートされません。 Microsoft Windows 8. Microsoft Hyper-V 3. Hyper-V 仮想マシンではハードディスク暗号化(FDE)がサポートされません。 Microsoft Windows XP Professional x86 SP3 以降 サーバーOSを保護するためにはKESB Select(サーバー・クライアント)またはAdvancedライセンスが必要です。

複数設定してあるユーザーの1つでログインすると「アクセスが拒否されました」エラー

Volumes した サービス イン サイン service 処理 App の しま による 失敗 に Volumes した サービス イン サイン service 処理 App の しま による 失敗 に

👈 「RefCount」のデータの値を0に変更します。 修正をする際には自己責任でお願いいたします。 Microsoft Windows Server 2003• ) 6. レジストリエディターを閉じてパソコンを再起動してください。